TRAINER
AMY HIRANO

トレーナー 平野 エイミー

写真:AMY HIRANO

AMY HIRANO

平野 エイミー

全米ヨガアライアンス認定 RYT200
プロフェッショナルダイエットアドバイザー
全米エクササイズ&コンディショニング協会認定 NSCA-CPT(パーソナルトレーナー)取得見込
金子賢主催 サマースタイルアワード2017東京大会ファイナリスト、ビューティフィットモデル8位

13年間のバレリーナ経験、ヨガインストラクターの経験、プロフェッショナルダイエットアドバイザーの知識を併せ持ち、多方面に細やかなアドバイスが可能なパーソナルトレーナー。体格のコンプレックを克服するため1年間、徹底的に体作りに励み、ボディメイクコンテストで見事ファイナリストに輝いた経験もある。好きな言葉は『remember who you are』。自身がずっとダイエットと向き合ってきた経験から、『楽しく、自分らしく』を信条としている。

ABOUT AMY HIRANO

5歳から18歳までバレリーナになる夢を追いかけるも、身長の壁にぶつかり断念…。ただ、その原体験がパーソナルトレーナーへの道を切り拓いた。

物心ついた頃からクラシックバレエを習っていた私は、プロを目指してバレエ中心の生活を送っていました。ただ、技術だけでなく体格も重視されるバレエの世界。プロになるには「身長155cm以上」という条件があり、この身長の壁にはばかられ、高校生まで追いかけてきたプロになる夢を断念…。勉強よりも遊びよりも情熱を注いでいたバレエを諦めることは、18歳の私にとってとても大きな挫折経験でした。

仕事も順調で一見、挫折を乗り越えたように思えるのですが、身長が低いためにここでもやはり体型に対するコンプレックスが生まれてきたのです。そこで気付いたのは、『ファッションは体づくりから』ということ。洋服で表面的に着飾るだけでなく、整えられた体で洋服をまとってこそファッションが際立ちます。きっと、それが本物の美しさなのではないかと感じたのです。

プライベートでは、渡米後から7年間ヨガを続けていました。「キレイな人の美の秘訣を学びたい+人に伝えていきたい」という想いで、ヨガインストラクターの資格を取得。バレリーナ時代に学んだ、体の使い方や食事についての知識も手伝って、この頃からパーソナルトレーナーになることを視野に入れ始めていました。 2016年に日本に帰国したタイミングで、パーソナルトレーナーになることを決意。トレーナーの学校に通って解剖学を学び、筋肉や骨格の知識も習得しました。

写真

バレエ・ヨガの知識も集約したパーソナルトレーニングを提供!体型を変える+αで、日々の生活に充実感を。

私が提供できるトレーニングの特徴は、バレエ・ヨガなどの経験を集結したトレーニング。そして痩せるだけでなく、運動をする習慣がつく・体のメンテナンスの方法が分かるなど、体型チェンジ+αを一緒にできるように取り組んでいきたいと考えています。 ジムでのトレーニングだけでなく、キレイな姿勢・歩き方、呼吸方法、ストレッチ、お風呂上りのケア、使った筋肉のメンテナンスなど、様々な角度で健康や美に繋がるアドバイスができます。例を挙げると、呼吸は自律神経のスイッチになっているので、朝起きて背伸びをするだけで代謝があがるんです。このように、簡単にできる身近なことから一緒に始めていけるよう心がけています。なぜなら、「続けられた」という自信は、トレーニングを続ける上でとても大きな要素だと考えているからです。

また私は、食事とトレーニングでどのように体が変化するかを知りたいと考え、1年間、自分の体で実験をしてみました。プロフェッショナルダイエットアドバイザーの資格を取り、食事・体の代謝について知識を習得。「サマースタイルアワード2017」というボディメイクコンテストを目標に、体づくりに励みました。 見た目の美しさだけでなく、「鍛えられた美であるか」という点が評価されるこの大会。身長148cmというコンプレックスを抱えつつもトレーニングを重ね、東京大会ではファイナリストになることができ、ビューティフィットモデルでは8位入賞も果たしました。この頃から体重は38kg。肉体改造に成功したこと以上に、「やった分だけ返ってくる」という成功体験が収穫だったと感じています。

写真

ストレスフリーのトレーニングを!ポリシーは、自分らしさを認めて、トレーニングを楽しむこと。

私はこれまでの人生で、ずっとダイエットと向き合ってきました。元々はすごく太りやすい体質で、中学生から食事制限をしていましたし、アメリカへの留学で食生活が変わり、体重の増減を繰り返していました。だからこそ、『楽しみながらトレーニングしないと意味がない』と強く思うんです!なりたい自分を目指してのトレーニングであっても、そこにストレスがあっては良くない。『生活の中で楽しみながらやる』ことがポイントだと思っています。

それにはまず、自分を認めることから。「甘いものが好き」「晩酌が好き」「運動の継続が苦手」そんな自分を認め、その上で自分をコントロールすることこそがトレーニングだと考えています。 私は晩酌が好きなので、連日晩酌を制限するとやはりストレスがかかってしまいます。なので、おつまみを工夫してカロリーを抑えたり、晩酌の分、どうやって朝と昼でカロリーを抑えようかとゲーム感覚で楽しんでやっています。例えば、食べすぎてしまった日もへこむのではなく、「美味しかったから明日頑張れる!」と切り替えたり、「今日は運動したくない気分だけど、頑張ったらビールが飲める!」というように、ポジティブなエナジーに変えて一緒にトレーニングを続けていきましょう!自分の良さをしっかりと知り、自分らしい体型づくりをみなさんと一緒にしていきたいと考えています。

写真

インタビュアー:寺師 侑希

ほかのトレーナーを見る

からだづくりは、より充実した人生のきっかけになる。
なりたい自分になるために、First Bodyがあります。

心がけているのは、単に減量するだけではなく、スタイルを細かく整えながら痩せて、身体を磨き上げること。
猫背・内股・O脚などを改善し、キレイな体型・身体のラインをつくりつつ、減量を実現するためのトレーニングを実践中です。

変わりたいすべての方を、First Bodyはお待ちしています。