BLOG

トレーナーブログ

エンパワーメント 筋肉

背骨て大事だよね^ ^

生理的湾曲について

 

人の体を支えてくれているのはたくさんありますが、

やはりまずは大元の背骨だと思います。

この背骨というのは短い骨がいくつも積み重なってできています。

頸椎、胸椎、腰椎、そこからさらに仙椎、尾椎までつながっていきます

 

この背骨は横から見るとS字っぽい形になっています。

この背骨の中にはとても重要な神経の中枢である脊髄が通っています

ですのでこの背骨の位置がとても重要であり、姿勢が悪くなるとこの脊髄の流れも悪くなるので各細胞組織や筋肉への伝達が悪くなることで痛みやしびれなどが起こってきます。

 

このS字の形にはちゃんと意味があって、

 

まずは内臓の保護。

ちゃんと内臓が収まるようにとその内臓をうまく守るようにできています。

心臓や肺などの周りを囲っているのは肋骨ですよね^ ^

 

もう一つは運動によって受ける衝撃を和らげたりする機能もあります。

カッチ勝ちだと折れてしまいますが、柔軟性があると力を受け流せるので、とても重要ですね

 

背骨は24個の骨からできています。

特に頸椎の数は7個、

この数は哺乳類はすべて決まっています

 

キリンさんなどでもネズミでもただ大きさが小さいだけで数は同じなんです!

 

ただし、

腰椎に関しては人によって数が違うらしいです。

 4個だったり6個だったり、大半は5個です。

 

 4つの人の場合はもしかしたら仙骨のほうにくっついてしまったかもしれません。

(.またはそう見えてしまっているだけかも)

 

この一つ一つの背骨の間にクッションの役割で挟まっているのがよく効く椎間板です。

名前は固そうなんですけどね^ ^♪

 

この椎間板が上からの背骨の圧迫で横にビヨーンとはみ出してしまうと後ろにある神経に触れてしまう。

 

これが椎間板ヘルニアと呼ばれる状態です。

ほとんどはおそらく姿勢不全がほとんどだと思います。

 

ですがその骨と椎間板をさらに靭帯が前後から支えてくれて、椎間関節と言うものもあるので、そうそうずれる事はないです。

 

最近ではこの背骨の位置を正常に治すために、(もしくは正常な位置を維持するため)体幹のトレーニングを行うことが大切ですよね。

 

首が前に向いたり、

猫背だったり

ストレートネックだったり

逆に過前傾だったり、

逆にフラットバックと言うカーブが少ない姿勢もあります。

これは上からの重力や頭の重さを支え切れないので首や腰がとても痛くなることがあります。

背骨の柔軟性も少し減るので硬くなったバネのようになってしまうので、、、

 

腹筋と背筋

お腹の横の筋肉、お尻の筋肉、

内股の筋肉、腹筋の深層部の筋肉

 

僕らが腰や首が痛いと言うのは、

筋肉ではなくて背骨の位置の異常から発生することがほとんどの原因なので、

 

その異常を治すために、

体幹の筋力トレーニングをする事はやはり必須項目になってきますね。