BLOG

トレーナーブログ

動画 筋肉

背中!!!バック!!!

 

やはり背中は大事である

なぜなら、努力や生き方は背中に出るからだ

 

▼どんな背中が好きですかな? どんな背中を追いかけたくなりますか?

 

本当にそう思う

普段背中は見えない。だからこそ疎かになりやすくなってしまう。

だから、意識出来るところに比べて3倍段の努力が必要になる。

 

背中を鍛えている人は、そうとうやっている

ぼくも背中のトレーニングは大好きであるし、得意でもある。

 

背中、お尻、モモ裏

普段ほとんど見えていない場所をトレーニングするのは、

とても生産性があることをしているのだ。

 

 

▼これは背中の内側を重点的に。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

動画はこちらから→背中を鍛えるということ

 

▼後ろから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

  • あまり横に広げないように。
  • 腕で引くのではなく、肘を上に突き上げていくように。
  • 腰辺りに引いていくように。
  • 背中を丸めないように。
  • お尻は引き気味でOK。

 

ここでは多くの動画や画像、トレーニングを紹介していくとともに、

皆様の健康の発展を期待しながらUPしています。

 

背中を引き締めることで、

 

  • 代謝が上がる→筋肉が大きく広く、多いからである。内臓に近いのも熱が伝わりやすいのもあるだろう。
  • 後ろ姿がカッコよくなる→これが一番の意見であろう。前ばっか鍛えてはみすぼらしい。
  • 立ち姿が綺麗→姿勢に関わるのもこの背中。特に猫背などは背中へのアプローチが必須になるだろう。
  • 褐色脂肪細胞の活性→痩せる脂肪さんの登場だ。こいつの活性化に運動と“冷”が必要になる。
  • 肩甲骨→よく肩甲骨を見失っている人がいる。ある人と無い人がいるのではない。いつも傍にいるのだ。
  • 逆▽→広背筋や大円筋を鍛えて、逆▽を目指してほしい。無論、手に入れるまでだ。
  • 鬼の背中→ここまで来たら、もう一般人としては見れなくなってくる。勇次郎と呼ぼう。

 

声を出して、限界まで、絞りきろう

あの背中は目の前である。

 

 

 

▼これを聞きながら今日は。一周ではもちろん終わりませんが・・・