BLOG

トレーナーブログ

カラダ記事 ジムの様子 トレーニング 目指せワールドカップ

ボルダリングやクライミングに必要な動きや筋肉を鍛えよう!

 

こんにちは!

ダイエット専門パーソナルトレーニングジム ファーストボディです!

 

ボルダリングが最近とても流行っていますね~

周りでも始めている方が多く、そしてかなり本格的にやっている方も増えてきました。

ボルダリングの数も少しずつ増えてきたのかなぁと。

 

2020年東京オリンピックに正式種目として決定した【スポーツクライミング】

クライミングにはいくつかありまして、

フリークライミング

ロッククライミング

エイドクライミング

ルートクライミング

そして有名なボルダリングが存在します。

 

こういうのよく見ますよね。

 

ロッククライミングが大元であり、そこからまず、

・エイドクライミング → 道具を使って登る

・フリークライミング → 道具を使わない

に分けられます。

 

そして、

そのフリークライミングからさらに、

・ルートクライミング → ロープ使用

・ボルダリング → ロープ不使用

となります。

 

このフリークライミングの中で、

人工壁であったり、ボルトがしっかりすでに打ち込まれているのを登るのを、

スポーツクライミングと言います。

ボルダリングは増えましたよね

 

ダイエット効果も抜群で、

全身をかなり使いますし強度も高いので、個人的にはダイエットして痩せた後に行くのがオススメです!

 

クライマーの方はとても多くの筋肉を使っているので、とても身体が絞れています。

特に腕と背中!

 

手で道具を使って上がる人も、素手で登る人も、

何かをホールドした状態が長く続いていきます。

 

その場合、指~前腕の筋肉が非常に重要になってきます。

 

▼まずはカラダを吊り上げていく腕!

もちろん筋肉が多すぎると重たくなるのでムキムキではなく、シャープかつ筋力が強い状態でないといけません。

 

瞬発力よりも持久力

 

ですがその持続力も自分の体重を支えられる強さの持久力になります。

ですので、ウエイトトレーニングのような動きが一直線なものでなはく、

例えばケトルを使ったり、チェーンの先にプレートをつけてそれを引いたり、固定されていない、

重さがわざと移動するような負荷の掛け方をしていくと良いかもしれません。

 

▼引く動作は背中がとても大事。

クライミングは基本的には上に昇りあがる競技、

この場合、腕や背中をフルに使い身体を上に引いていきます。

この【引く】という動作に関しては背中の筋肉の広背筋・菱形筋・大円筋、

そして身体を支える脊柱起立筋群を主に使われています。

 

クライマーの背中はとても発達しており、

重たいものを引く筋力ではなく、あくまで自重を扱うのに長けています。

もちろん筋力もないと上にはクライミングできないので、筋力は強いです。

 

懸垂や腕相撲なんかはすごく強いんじゃないかなと思います。

 

体重は少なくしていきますが、筋力は強くしていかなければなりません。

ただただ筋肉をつけるようなウエイトトレーニングのオーソドックスなやり方ではないかと思います。

 

もちろんトレーニングでも補強は可能であり、

懸垂、ラットプルダウン、シーテッドロウイングなど普段僕らが提供しているトレーニングでも

補強していくことは可能です。

 

▼腹筋の中でも特に腸腰筋と腹斜筋群の強化

昇りながら様々な体勢になることも多い競技。

前だけでなく横も鍛えなければ、吊られているカラダを安定的にすることは不可能です。

 

腸腰筋であれば、

例えば不安定な中でも脚の上げ下げを自由に可能にするためにこういうトレーニングもオススメしています。

ぶら下がった状態で脚をポールに触れないように上を通過していきます。

 

下腹部トレーニング! この方は、 今後アイスクライミングのワールドカップ日本代表!、、、になるかもしれない方です^ ^ 潜在能力は抜群。 ただまだまだ世界で戦うには身体の使い方や筋力、柔と剛のバランスが取れていませんので、これからファーストボディで鍛えながら日本代表を目指していきます。 クライミングは、 ・握力 ・前腕 ・上腕筋、上腕二頭筋 ・背中全般 ・腸腰筋 などの筋力の柔軟さと強さが必要になります。 瞬発的な筋力ではなく、強さもある持久力がメインになります。 ですので基礎筋力の底上げが絶対必要不可欠になります。 調べれば調べるほどクライミングは奥が深い、、 これこそ全身運動の真骨頂な気がします。 前にストリートファイターの映画でリュウが崖を普通に登ってたなぁ。 @first.body #ワールドカップ2018 #日本代表になる #アイスクライミング #クライミング #アスリート #腸腰筋トレーニング #下腹部トレーニング #パーソナルトレーニング六本木 #パーソナルトレーナー #dontquit #up #climing #背中トレーニング #前腕トレーニング #強化練習 #personaltraining #icecliming #ファーストボディ

ダイエット専門パーソナルトレーニング-First Body-さん(@first.body)がシェアした投稿 –

これで腸腰筋も腹斜筋もつけることが出来ます。

 

腸腰筋も腹斜筋も身体の安定性を担うとても大事な筋肉。あらゆる競技に必須になります。

とくに宙ぶらりん状態で次の動作をしなければならないクライミングは、特にこの体幹部分の関与があると思います。

恐らく競技をやっているだけで勝手に割れてくると思います腹筋は^^

 

バッキバキではなく、機動性のある筋肉つくりを意識しないといけません。

けっしてそこまで腹筋が割れていなくても、アジリティがあるなら十分競技には使える身体に【仕上げてきた】ということです。

もちろん欲を言えば体操選手のような強さと柔軟性は欲しいですし、そこまであればと思いますが(笑)

 

最近はやってきているボルダリングジム。

全身を強度高く使うこのクライミングはとても奥が深そうです。

 

簡単なものはすぐ飽きてしまいますし、単純なものはすぐ慣れています。

単純だけど奥が深く、やりがいのあるし向上心が出てくるウエイトトレーニングやクライミングは

とてもおすすめです。

 

 

公式インスタグラム!随時更新中右上矢印右上矢印右上矢印



公式instagram→王冠1公式ファーストボディ インスタグラム王冠1

 

公式Twitterも開設!随時更新してます右上矢印右上矢印右上矢印

公式Twitter→王冠1公式ファーストボディ ツイッター王冠1

 

おかげさまでFirst bodyも1周年。

2店舗目もオープンしましたラブキラキラ

公式HPはこちら王冠1ダイエット専門パーソナルトレーニングジム First body王冠1



ブログも様々なダイエット記事を公開中!ラブキラキラ

ブログも更新中爆  笑音譜音譜公式ブログ

面白いものから真面目なものまで載せてあります右上矢印右上矢印

→まずは無料カウンセリング爆  笑ビックリマーク

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗

モニター契約で

ただ今キャッシュバックキャンペーン中

→くわしくはこちら

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗

紹介特典もございます!

紹介した方→セッション1回分プレゼント+コース¥20,000OFF

紹介されて入会された方→1回分プレゼント+入会金半額!

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗