BLOG

トレーナーブログ

インスタ カラダ記事 トレーニング ヒップ・脚トレーニング モニター・結果報告 上半身トレーニング

【必見!】効果絶大!トレーニング動画集まとめ~3~4月編~

▼まずは上半身トレーニング

  •  

今日は#ベンチプレス と#ベントオーバーローイング ! レップ数低めから高回数へのトレーニング。 眠っている筋肉を起こしていきます。 今日の#bgm は、#spencerlee の#stillifly と、ぼくのお気に入りの#daughtry の#overyou です^ ^ @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body #トレーニング #六本木ジム #ダイエット六本木 #パーソナルトレーニング六本木 #そろそろ店舗完成 #2店舗目 #ダイエットジム #モニター募集中 #1年経ちました #ボディメイクジム #ファーストボディ #フィットネス #training #personaltraining #roppongi #diet #fitness #benchpress #ratpulldown #squat #hardtraining #backtraining #bentoverrows

ダイエット専門パーソナルトレーニング-First Body-さん(@first.body)がシェアした投稿 –

このそして上腕二頭筋と肩の後ろ、菱形筋と言う背中のトレーニングをするベントバーローイング。

ベンチプレスとベントオーバーは、よく僕がやらせるトレーニングでもありとてもダイエットにも、もちろんボディーメイクにも効果が良いメニューです。

 

▼ベンチプレスは胸の代表的なトレーニング。

胸板を厚くする、重力に負けない胸を作る、スーツをかっこよく切る、デコルテをきれいに見せる

挙げていけばたくさんこのベンチプレスと言うトレーニングをやる目的が挙げられます。

 

▼ベントオーバーローイングは背中のトレーニング。

背中はとても筋肉がたくさん密集しているので、例えば後ろ姿をきれいに見せる、背中の厚みをつける、後ろ姿のデコルテをきれいに整える。

肩甲骨周りの脂肪をそぎ落とす。

 

このトレーニングをすることでおそらくダイエットやボディーメイクをしたい人の悩みのほとんどを解決できると思っています。

特に背中に関しては普段私たちが意識ができないところなので、実際に脂肪がついているとしてもどういう風についているかが見えないので意識がしづらいと思います。

 

ここに関してはやはりやり込んでいく。

これが1番だと思います。

 

何をするにもそうですが、やりこむと言うのが結局は1番の近道なんじゃないかなと思います。

 

確かに多少遠回りをする道かもしれないけど、1番力がつく道を選びたいので、

トレーニングはその方面から見ると1番その道に最適だなと感じるところはあります。

 

▼肩トレーニング!

努力は実る!

この撮影の時はマックス記録が上がった瞬間。

 

肩は、

プレス系にはとても必要なトレーニングになりますので、

これが強いとベンチプレスも強くなります!

 

ベンチプレスが強くなれば、胸の筋力も強くなります。

胸の筋力が強くなるということは、胸の形がしっかり整ってきます。

 

筋肉は単一的にではなく、複合して鍛えることが大事です。

複合的に鍛えていくことで、全身の筋力が上がっていき、トレーニングレベルも上がっていきます。

 

さすれば、

トレーニングメニューや種類が多く出来るようになり、さらにボディメイクにも変化が出てきます。

 

▼腹斜筋トレーニング!

  •  

#体幹トレーニング #腹斜筋 と#腸腰筋 を鍛える。 最初の画像はねじれが入るので、 腰や背中が痛くなりやすい方にはオススメ出来ません! 動きのある#腹筋 も必ずしもダメなわけではないので^ ^ 2枚目は 片脚を引き上げてキープ 以外とこれが効く。 これの前にも、 #サイドベント と#ジャックナイフ を入れてからの#アイソメトリック 系を入れて固めていく。 動きのあるものから→静のものへ。 そろそろ2店舗目オープンします! 六本木で! 2020年までに10店舗行きます! @first.body @first.body @first.body #パーソナルトレーニング六本木 #ダイエットジム #ボディメイク #痩せたい #ファーストボディ #モニターモデル募集 #2店舗目 #六本木ジム #店舗拡大

ダイエット専門パーソナルトレーニング-First Body-さん(@first.body)がシェアした投稿 –

横腹トレーニング!

腹斜筋自体はその名の通り斜めに走行が走っているのですが、

身体を斜めに動かしたとき(トレーニングしたとき)に筋力が発揮されます、

 

ただしあまりねじれを入れすぎると脊柱にも良くないので(腰痛の原因にもなる)、

この方はクライミングをずっとやられているので、筋力が元々強いのでやらせても腰や背中にも痛みが出ないのです^ ^

 

 1つ上のランクの腹筋のトレーニングとしてはとても良いかなぁと思います

 

普段の腹部のトレーニングはあまりやらせることはなく、

スクワットやデッドリフト時の腹圧でかなり腹筋が使われています。

 

やる場合は、サイドベントやプランクに加重したりと、バランス力よりも固定力を意識してトレーニングをやらせることがあります。

 

2枚目の方は、

プランクの状態で下肢を動かしていきます。

これにより、わざと不安定にさせることで腹筋や腹斜筋の収縮力を上げていきます。

バランスを取るというのは、もちろん脱力や感覚も必要ですが、

力むことでバランスを取ることも必要になります。

 

▼ベンチプレス記録更新!

 

強くなりました^ ^ #スクワット 60kg×10rep×2set 80kg×10rep×2set 70kg×10rep×2set 50kg×15rep×2set→ここの最後の動画です。 #ベンチプレス 40kg×10rep 50kg×10rep 50kg×8rep 55kg×5rep 60kg×5rep 65kg×5rep 70kg×5rep→ベスト更新👍🏆 50kg×10rep 40kg×10rep @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body #トレーニング #六本木ジム #ダイエット六本木 #パーソナルトレーニング六本木 #そろそろ店舗完成 #2店舗目 #ダイエットジム #モニター募集中 #1年経ちました #花粉症つらい #ボディメイクジム #ファーストボディ #フィットネス #training #personaltraining #roppongi #diet #fitness #benchpress #squat #hardtraining

ダイエット専門パーソナルトレーニング-First Body-さん(@first.body)がシェアした投稿 –

 

ベンチプレス記録更新!

▼スクワット

  1. 60kg×10rep×2set
  2. 80kg×10rep×2set
  3. 70kg×10rep×2set
  4. 50kg×15rep×2set→ここの最後の動画です。

▼ベンチプレス

  1. 40kg×10rep
  2. 50kg×10rep
  3. 50kg×8rep
  4. 55kg×5rep
  5. 60kg×5rep
  6. 65kg×5rep
  7. 70kg×5rep→動画掲載。ベスト更新👍🏆
  8. 50kg×10rep
  9. 40kg×10rep

 

脚と胸のトレーニング!

このお客様とても元が強いので、トレーニングの伸びがとても良く、

色々なメニューでやらせています。

 

体力も付いてきましたので、トレーニング量も多くしています。

 

ダイエットやボディメイクには、

やはり物理的なものも絶対に必要不可欠なのでここで量の問題が出てきます。

 

どんなに良いトレ―ニングをしていても、

やはり量がすくないと身体は変えられないでしょう。

 

自分自身のボディメイクでもとても感じるところでもあります。

やはり量!!!

 

どれだけ追い込めるのか。

体力がついてきたなら重さも量も増やすことでさらに身体は変わっていきます。

 

▼ラットプルダウン~背中を生み出そう~

 

#ラットプルダウン これは背中のトレーニング^ ^ 最近カメラ位置が固定出来るようになり とても撮影が楽になりましたw #ジュラシックパーク の#blackmagic を流しながら^ ^ 今日は#usj の#bgm 特集でした。 @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body #トレーニング #六本木ジム #ダイエット六本木 #パーソナルトレーニング六本木 #そろそろ店舗完成 #2店舗目 #ダイエットジム #モニター募集中 #1年経ちました #花粉症つらい #ボディメイクジム #ファーストボディ #フィットネス #training #personaltraining #roppongi #diet #fitness #benchpress #ratpulldown #squat #hardtraining #backtraining

ダイエット専門パーソナルトレーニング-First Body-さん(@first.body)がシェアした投稿 –

今日はラットプルダウン。背中の代表的なトレーニングです。

 

僕自身はお客様によくデッドリフトをやらせるんですが、

このラットプルダウンは主に広背筋を鍛えるトレーニングです。

グリップを変えることで鍛えられる場所が少し変わってくるので、ボディメイクであればいろいろやることも大切だと思います^ ^

 

背中はここではよく登場するトレーニングの一つなんですが、

鍛えるのが本当に難しいんです。

 

それは、

トレーニングして鍛えているときやトレーニング終わった後にどうなっているのか。

後ろ姿が見えないからです。

 

これがなかなか厄介なんですが、

それでも背中をトレーニングしきっている人は、その無意識になってしまう箇所を鍛えぬいているからだと思うんです。

 

一般の方は普通自分を一人で追い込むのはかなり難しいと思います。

ぼくらのようなトレーナーであってもやはり一人で追い込むのはなかなか難しいです。

 

誰かがいてくれることで、”やらなきゃならない”状況を作る。

誰かがいることで、”自分を正しく追い込むことが出来る”

 

これがぼくらパーソナルトレーナーの存在意義だと思います。

 

▼背中トレーニング~part2~

 

#ベントオーバーローイング これも背中のトレーニング^ ^ #007 を流しながら^ ^ #ジェームズボンド これも#usj の#bgm 特集でした。 背中の厚みを付けるならこれはよいですね〜 菱形筋や僧帽筋に効く!! @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body #トレーニング #六本木ジム #ダイエット六本木 #パーソナルトレーニング六本木 #そろそろ店舗完成 #2店舗目 #ダイエットジム #モニター募集中 #1年経ちました #花粉症つらい #ボディメイクジム #ファーストボディ #フィットネス #training #personaltraining #roppongi #diet #fitness #benchpress #ratpulldown #squat #hardtraining #backtraining #bentoverrow

ダイエット専門パーソナルトレーニング-First Body-さん(@first.body)がシェアした投稿 –

ベントオーバーロウ!

背中の厚みと強さを身につけるトレーニングです。

 

菱形筋や広背筋、さらには僧帽筋までしっかり入ります。

これはトレーニング時のフォームの角度によるものが大きいですが、

基本的には背中の中心に向かって引き寄せる感じたので、厚み自体には着くと思います。

 

最近は低レップ、高セット、高頻度が

自分の中では主流のトレーニングになってきています。

 

体を大きくするよりも

密度濃くする、と言うようなイメージでしょうか。

 

ダイエットやボディメイクでもそうですが、

どのぐらいの負荷で、どれぐらいの回数やるのか

は、とても大事なトレーニングの要素だと思います。

 

 

▼デッドリフト!

 

今日は#ベンチプレス と#デッドリフト ! それとお客様からいただいた #ココナツウォーター ! #pearlroyal 今日の#bgm は、#マイケルジャクソン メドレーです。 @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body @first.body #トレーニング #六本木ジム #ダイエット六本木 #パーソナルトレーニング六本木 #そろそろ店舗完成 #2店舗目 #ダイエットジム #モニター募集中 #1年経ちました #花粉症つらい #ボディメイクジム #ファーストボディ #フィットネス #training #personaltraining #roppongi #diet #fitness #benchpress #ratpulldown #squat #hardtraining #backtraining #bentoverrows

ダイエット専門パーソナルトレーニング-First Body-さん(@first.body)がシェアした投稿 –

 

この日のトレーニングはベンチプレスとデッドリフト!

BIG3のうちの2TOPをやりました。

 

ずっと体調悪くて休んでましたが今日から復活です^ ^

デッドリフトはよくやらせるトレーニングですが、この男性はハムストリングスが柔らかいのでスティフ気味のデッドリフトです。

 

ハムストリングスの柔軟性はとても大切で、ここが硬いと骨盤の後傾位を招いてしまいます。

 

トレーニングをしていけば確かに多少は柔らかくはなりますが、

これに関してはストレッチのほうがいいかなと思います。

 

ハムストリングスは下半身のバランスも担っているのでとても大切になります^ ^

このハムストリングスをトレーニングしていくことは、ヒップのラインから膝までの後ろ姿を

綺麗に見せるためにも必要になります。

 

そして、普段使われない部分でもあります。

ほとんどの人が猫背の日本では、ハムストリングスは拘縮し、

膝に負担がかかるような姿勢が多く見られます。

 

骨盤を正常な位置に戻す筋肉をトレーニングで鍛え、

柔軟性を持たせることで変な姿勢で固まらないようにしていく。

 

もちろんトレーニングジムだけでは出来ることに限界があるので、

ご自分に合ったものを足していくことが大切になると思います。