BLOG

トレーナーブログ

カラダ記事

トレーニングを頑張ったら身体を休ませよう!!

 

こんにちは。

ダイエット専門ジムのFirst  body 代表の小濵です!

 

日頃からトレーニングとお仕事と大変お疲れ様です。

 

今日はトレーニング!というお話ではなく、

むしろ身体を休ませた方がダイエットにも良い!

というお話です。

 

やはり人間ですので、

電池入れたら100%出力、電池切れたら停止ではなく、

今はこれぐらい、これはこれぐらいと

何%出力すればいいかを常に無意識に行っています。

 

人はロボットと違い、

エネルギーを使えば疲労物質が生み出されます。

その疲労物質の除去を行いながらエネルギーを再産出しています。

 

身体のメインコクピットを担っているのは脳であり神経です。

今日はその中でも自律神経の"静"の方、

休息やリラックスに関わる副交感神経を少し書いていこうと思います。

 

▼副交感神経について

副交感神経とは、 中脳、橋、延髄、そして仙髄から出ている 簡単に言うと落ち着いている時に働く神経のことです。

運動やトレーニング後などはこの副交感神経が優位に働きます。

反対にトレーニング中など体が活発に動いてる時は、交感神経が働いています。

 

副交感神経が働いているときは内臓の働きはとても活発になるので、 夜寝ている時などが1番働きが良くなります。

運動やトレーニング中などをときは交感神経が働くので、胃腸などの働きは抑えられます。

 

副交感神経の神経は臓器に近いと言われ、 反対に交感神経は臓器から遠いと言われます。

このため交感神経が優位のトレーニング中などの時は体が一気に興奮状態や覚醒状態に持っていけます。

そもそもこの神経達は自律神経と呼ばれ、 体の状態を休むことなくサポートしてくれています。

この2つの神経は興奮したり体動かすトレーニングだったり、 すごい意識が高揚したりすると交感神経が活発になります。

 

副交感神経の場合は精神的にもリラックスしているときに1番活発になりますが、

筋繊維などが柔軟になりそれにより血管も緩むので血液循環が良くなり体温がどんどん上がってきます。

この自律神経のバランスを整えるのが大切になるのですが、 普段僕らはどちらかというと交感神経の方が優位なので、

副交感神経があまり働かない状態が多いです。 そのため内臓の機能も低下し疲れが取れず内側から不調がよく出てきます。

 

トレーニング後に少し仮眠をするのも、とても良いと思います

パソコンやスマホをよく見ることがこの副交感神経を遮ってしまうので、 (要するに疲れてるのにトレーニングを更にして身体を酷使させるような状態) もちろん運動は絶対にしたほうがいいので、

ダイエット中は特に1週間の中でどれだけこのダイエットと言うものに従事できるか。

階段を使うや、エスカレーターやエレベーターを使わないなど、 日ごろの生活の中でも出来るトレーニング方法やダイエット方法はたくさんあります。

 

休むことがとても大事

体を細くしたい、筋肉をつけたいなどは やはり運動量やトレーニング等は必要不可欠にはなりますが、

それでもしっかりと休息を取ると言う事がむしろもっと大事かもしれません。

その休息の方法としては、 例えばヨガだったり、ピラティスだったり、鍼灸だったり、 スポーツマッサージだったりでもいいと思います。

個人的には鍼灸とピラティスはおすすめです^ ^

そして寝るギリギリまでスマホを見ないこと。 これは特に重要かもしれません。

睡眠は時間より質が大事です。 真っ暗にしてすぐ寝ましょう!

 

副交感神経は体をリラックスさせること、そして体を温めることが大事です。

副交感神経が働き血管が広がれば循環が良くなります。

環が良くなれば体の隅々に栄養や構想が運ばれやすくなり、また老廃物などを排泄も効率よくできるようになります。

 

トレーニング後は特に、 この疲労物質がとても多く血中に流れていますので、

そういった面からもトレーニングの後はリラックスさせることがとても大事です。

興奮しっぱなしはこの疲労物質が全く抜けないので疲れが永遠に残ります^ ^:

もちろん副交感神経が優位になり内臓機能が降れば新陳代謝も上がるので、ダイエットにもとても有効ですね。

 

病院などに行くとこの自律神経のバランスなどを見てくれるチェックテストなどがあるらしいので気になる方はぜひ行ってみるといいと思います。

 

日々食事制限のストレスやトレーニングの疲労などがとても重なってきます。

急にすごい食べ物を制限されたり、 急にすごいトレーニングをさせられて筋肉痛が来てしまったり、

そういったご経験はお客様はとても多いと思うので、 仕方ないと思うが反面、やり過ぎも良くないと思います。

今回お話しした自律神経の中でも副交感神経と言うのは、

もちろんダイエット中も、生活の中でもとても重要度が高い項目になるので、 身体や精神をリラックスするような時間をぜひ持ってほしいです。

もちろんトレーニングはしっかりやってもらいますが、 トレーニング後はしっかり休む。

このメリハリが大事なんだなぁと改めて思います。