BLOG

トレーナーブログ

カラダ記事 ダイエット パーソナルトレーニング

美しい姿勢を作るためにまずはこれ!!

 

こんにちは!

ダイエット専門パーソナルトレーニングジム

ファーストボディ代表小濱です!

 

 

夏に向けて多くのお客様がご入会されています!本当にありがとうございます!

\無料体験・無料カウンセリングのお申し込みはこちら/

 

パーソナルトレーニングというやり方でカラダを変える、

やはりこれは最善なのではないかと思います。

 

一人じゃ出来ないことが出来る。

栄養管理や筋肉の動きやカラダの歪みの原因や器具の使い方などの理解が深まる。

使える知識や技術を獲得できますから^^

 

さて、、、

皆様本当に、姿勢が良くありません!!!笑

 

もちろん姿勢を見直すためにもパーソナルトレーニングジムを選ばれていると思います!

 

僕らがパーソナルトレーナーとして学んできていることは、

そもそもダイエットやボディメイクではありません。

 

筋肉や骨の勉強であり、基礎栄養、人間の正しい姿勢や動作、生活習慣病に至るまで幅広く勉強してきています。

 

ボディメイクとはもちろんカラダを強くしたり、カッコよく・美しく見せることだったり

ダイエットは減量するための食事管理や改善だったり、たまにはすごく抜いてみたり

 

パーソナルトレーニングというのはそういうものすべての集大成なんだと思います。

 

本来のパーソナルトレーニングとは、正しい生活習慣や正しい筋肉の使い方、

そして正しい骨の配列の見直しが第一に挙げられてくると思います。

 

前回、本人は世界の中でかなり座り過ぎの方であった・・・”

という記事を書きましたが、こういう日常生活の影響がとてもとてもあります。

 

最近は特にダイエットもですが、

姿勢改善からボディメイクなどのご希望のお客様が多くなったなぁと。

 

きっとこれもまた世間の動向なのでしょうが、

ただただ糖質制限でがっつり痩せる!だけでなく、本当の意味でのパーソナルトレーニング

というものが普及してきたのかなと思うことが多いです。

 

 

▼まずは骨の配列から勉強しよう

人間には600個の筋肉と206個の骨から出来ており、

この脊柱と呼ばれる部分は24つの椎体という背骨の繋がりから出来ています。

 

そして横から見るとこんな風にS字になっています。

 

頸椎が7個

胸椎が12個

腰椎が5個

 

この脊椎たちによって上半身を支え、内臓を守り、神経をつなげてくれて、

カルシウムなどのミネラルの貯蔵、血球生成に関わっています。

 

この脊椎が回旋動作をしてくれるおかげでカラダを回すことが出来たり、

また上下左右へと曲げられるおかげでほぼどの方向へも動けるようになっているのです。

 

 

▼姿勢は3つの方向から見て判断できる

よく我々がみるのは、後ろ姿や真横からの姿勢で判断することが多く、

ほとんどはそれで姿勢を悪くしている要因が見つけられることが多いのですが、

厳密にはもう一つを合わせた3方向から姿勢を見ることで、完全に診断することが可能になります。

 

真正面は【前額面】という言い、

正面または後ろから姿勢を見て行きます。

この前額面上で見れるのは、頭の傾き、肩や骨盤の左右の高さや脚長差などを見ていきます。

 

続いて【矢状面

これはカラダを真横から見て姿勢の判断をします。

横から見れるのは、頭の前後の傾き、骨盤の前傾姿勢や後傾姿勢、ひざの曲がり具合、足首の固さなどです。

 

最後に【水平面

これは真上から姿勢を見ます。

これで分かるのは、頭~肩~骨盤の回旋(左右どちらかが前に出ている)などです。

 

それぞれの姿勢の傾きや左右差によって、どこの骨が曲がっているのはどこの筋肉が固い・弱いなどを

判断し、それを改善するトレーニングを選んだり、ストレッチをさせたりします。

 

骨が先か筋肉が先か

よくトレーナー同士で合うと話すことがありますが、

 

ここでは筋肉の改善で骨の姿勢を改善していくという捉え方でいこうと思います。

 

 

▼脊柱の安定さに深く関わる筋肉たち

そして正しい動きや痛み無くこの脊椎を動かすには、それなりの力というべきか

やはり脊椎周りを取り巻いている筋肉の安定感が必要必須になります。

 

例えば、

この脊柱の姿勢の安定性に関わる筋肉だけでも、

 

頭部に関わる筋肉

・胸鎖乳突筋

・板状筋(頚板状筋、頭板状筋)

これらは頭の回旋や前に倒す動き、横に曲げる動きなどを担っています。

 

体幹部分に関わる筋肉

・脊柱起立筋群(7つあるので省略)

・多裂筋、半棘筋群、腰方形筋

・僧帽筋や広背筋

・腹筋群(腹直筋、腹横筋、腹斜筋群、腸腰筋)など

主要な筋肉はこれが代表例で、体幹部分の前後の曲がり具合(猫背や反り腰)、肩や骨盤の左右どちらかが上がっているなど。

 

もちろんこれらの筋肉を一つ一つトレーニングするのは不可能であり、

ひとつの動きにいくつもの筋肉が使われるため、そこまでたくさんメニューは必要ありません

逆にストレッチのメニューだと、トレーニングメニューよりは多くなるかと思います。

 

アプローチとしてはまず弱い方の筋肉を強くしていきます。

そして固まってしまっている方の筋肉はストレッチや軽めの負荷でトレーニングすることで可動域を戻していきます。

 

まずはここまで解剖学的見地から少しお話ししていきました。

次回はこれをどうトレーニングに活かしていくのかを書こうと思います!

 

 

公式インスタグラム!随時更新中右上矢印右上矢印右上矢印



公式instagram→王冠1公式ファーストボディ インスタグラム王冠1

 

おかげさまでFirst bodyも1周年。

2店舗目もオープンしましたラブキラキラ

公式HPはこちら

王冠1ダイエット専門パーソナルトレーニングジム First body王冠1



ブログも様々なダイエット記事を公開中!ラブキラキラ

ブログも更新中爆  笑音譜音譜公式ブログ

面白いものから真面目なものまで載せてあります右上矢印右上矢印

→まずは無料カウンセリング爆  笑ビックリマーク

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗

モニター契約で

入会金¥30,000(税抜き)が、¥0に!

→くわしくはこちら

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗

紹介特典もございます!

紹介した方→セッション1回分プレゼント+コース¥20,000OFF

紹介されて入会された方→1回分プレゼント+入会金半額!

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗