BLOG

トレーナーブログ

食べ物・栄養

ダイエット時のトランス脂肪酸について。

 

今日はトランス脂肪酸について。

 

そもそも、油には常温の状態で液体と固体のものがあります

これらは脂肪酸とグリセリンと言うものからできています

この、上の2つとコレステロールなどを合わせて脂質と呼びます

 

脂肪酸は人間の体の細胞などを作るために必要であり、エネルギーとしても使われます

さらに脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分かれます

 

僕らが普段食べている油はトリアシルグリセロールと言うものが多いです。

これは体に蓄えられる時もこの形で蓄えられます。

健康診断で中性脂肪と書かれてあるのはこのトリアシルグリセロールの濃度です。

 

トランス脂肪酸には天然のものと加工されたものがあります

天然のものはお肉や牛乳や乳製品の中に含まれます。

加工されるものは水素を添加されており、これはマーガリンやショートニング、揚げ物などに含まれます。

 

不飽和脂肪酸をトランス脂肪酸と呼ぶことが多いです。

脂質自体は、 3大栄養素なので重要なのですがカロリーが高いので取りすぎると肥満や生活習慣病になりやすくなります

 

特にトランス脂肪酸は悪玉コレステロールがとても増えてしまい便秘や血液の病気になりやすくなるリスクが上がります。

基本的にはトランス脂肪酸の摂取量はエネルギー摂取量の1%未満だと良いと聞きます。

大体1日1から2グラム位です。