BLOG

トレーナーブログ

エンパワーメント 食事

動物のカラダ ((((oノ´3`)ノ

なんで象は草しか食べないのにあんなにデカくなれるんだ!!

 

▼肉食でも確かにシロクマくんやグリズリーくんぐらい大きいのもいるのだが、

 

▼可愛いなんてレベルじゃない

Polar Bear (Sow And Cub), Arctic National Wildlife Refuge, Alaska

 

よく勇次郎は勝ったな

しかも一方的にぼこぼこに。

 

▼でももはや象やサイなどの比ではないのだ

こわい!ライオンでもむり!そもそも爪や牙が通用するのか?

 

ちなみに象には、

ライオン20頭でやっと戦える戦力と聞いたことがある

 

やはりデカさがものをいうのだ

でも食べているのほとんど草!!!

 

象は、一日100~150キロの草や果物を食べ、100リットル近い水を飲む

確かに象の体重(5~7トン)からすればこれぐらいは普通であろう

 

ただ、たんぱく質や脂質の摂取はほとんどなしでどうやってあんな巨体(しかも機動性◎)まで強くなれるのか

※象はMAX50キロ近くで走るらしい。ボルトの全速力約時速46キロよりも速い!

 

調べてみると、

 

象の胃袋には約数十億匹の微生物がいるらしい。

この微生物が草や果物を醗酵させ、タンパク質や脂肪を作り出しているのだ!
この胃袋の中にいる微生物のエサは塩なので、象は微生物のために塩を食べています。(泥や岩塩など)

ちなみに野生の象は、土の中に含まれている塩を食べている。
また象だけじゃなく、他の大きい草食動物も塩をたくさん食べるらしい。

よってたんぱく質を摂らない象は、この微生物の力を借りて草からタンパク質を作りだすことができ、
それであの巨体になっている。

 

ということらしいのだ!

 

人にはたんぱく質が必要不可欠になるので、

間違っても草(野菜)だけという食事は避けるようにしたい。

 

三大栄養素は、たんぱく質・脂質・糖質ではあるが、

必須栄養素の中には糖質は入っていない。

 

アミノ酸(たんぱく質)、ビタミン各種、ミネラルなどが必須になってくるのだ。

糖質はエネルギー体。これはほかで補えるのだ。

 

なので人間にはそういう機能は備わっていないので、

やはり進化の過程でそうなったのだろう

 

 

人間は智恵を、象はカラダを手に入れたのだ。

 

やはり自然は強いし、たくましい!!!

 

次回はへら鹿や馬も調べてみます。