BLOG

トレーナーブログ

カラダ記事 ダイエット 食べ物・栄養

たんぱく質を摂り過ぎると体に悪いの?

 

こんにちは!

ダイエット・ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム ファーストボディでございます。

 

糖質制限ダイエットが一般的に流行り始め、もう10年以上経っていると思います。

もちろん昔からありましたが、まだまだカロリー制限があったり、糖質を抜けきれない今の時代の食生活でもありますね。

 

糖質制限ダイエットをすると、たんぱく質・野菜・キノコ類・海藻類などがメインになり、

とくにたんぱく質摂取はトレーナーから口酸っぱく言われていると思います。

 

――タンパク質というのは、ペプチド結合によって多数のアミノ酸が鎖状に結合してできた高分子化合物

 

タンパク質というのは炭水化物や脂質と同じように3大栄養素に揃えられる重要な栄養素で体を作っている主要な成分です。

酵素やホルモンまた抗体として生命の活動をサポートしており、最終的には小腸でペプチドをアミノ酸まで分解して吸収されます。

 

またタンパク質の栄養価と言うのは必須アミノ酸のバランスによって決まります。

なのでとるべきタンパク質の中で1種類だけが飛び抜けて多くてもあまり意味がありません。この場合は1番少ないアミノ酸に合わせて吸収されます。

ですので糖質だけや野菜だけの生活をするとこのアミノ酸がアンバランスになってしまいますので、お肉やお魚などをとってそのバランスを補う必要があります。

最近ではプロテインなど、たんぱく質(アミノ酸)が簡易に摂取できるようになりましたね。

 

ラインナップはすごく多く、味も美味しくなり(むしろ甘すぎるのもあるぐらい)、

海外のもポチっと押せば1週間ぐらいで、海外モデルや海外のマッチョな人たちが飲んでいるのと同じものがすぐ手に入ります。

アマゾンのプロテインはこちら。

 

こんなに世の中にプロテインがあるんです。

そして我々パーソナルトレーナーもよくたんぱく質摂取、プロテイン摂取はお客様には日ごろから伝えることが多いです。

 

ここで気を付けていただきたいのは、

プロテインはとても良い栄養摂取品です。それは間違いありません。

 

ですが、過剰摂取するものでは決してないものであるということです。

後ろに記載はあると思いますが、栄養の補助食品であり、飲めば痩せるとか、筋肉が付くとか、そういうものでは決してないということです。

 

――摂取量とその影響について

「日本人の食事摂取基準2015」によるると、男性は一日推奨摂取量が50~60g、女性が40~50gとなっています。

妊娠中の方や成長期の子供はもっと欲しいですが、運動もしなくなった30歳過ぎの人が摂り過ぎてしまうと、

カロリーも多くなってしまいますし、確実に太っていくでしょう。

 

もちろん健康被害もないわけではありません。

 

たんぱく質を摂取して分解してくと窒素というものが生成されます。

この窒素の排泄には腎臓・肝臓の働きが必須になります。この窒素をアンモニアに変え、さらに無害な尿素まで変化させないといけません。

そのため、たんぱく質をたくさん摂ると、この変換の作業が多くなってしまい、腎疲労・肝疲労が生じてしまいます。

 

そうなると、腎臓の働きである

・老廃物の排泄

・血圧調整

・骨を強くする

・体内の体液の調整など

・血液を作る指令を出す役割

こういった機能が下がってしまいます。

 

また肝臓の、

・栄養素の代謝や分解、合成など

・解毒作用

・胆汁の生成

にも影響が出てきてしまいます。

これらに悪い影響がでてしまうと大変です。

だいたいプロテインをかなり摂り過ぎている人は、筋肉ばかりに目が行って、内臓には意識が向いていません。

たんぱく質を摂取しても、分解して吸収するのは内臓ですから(^-^;

 

――腸にも多大な影響が

また、動物性脂肪の摂り過ぎは、腸内を汚していきます。

お肉料理をした後のフライパンについた脂はなかなか取りにくいと思いますが、

一度に大量にお肉などを食べてしまうと、あの状態がお腹の中で起こっていると思ってください。

 

その処理に小腸や肝臓や腎臓がフル稼働!休みもなく働きっぱなし!なんてブラックな身体!

疲れ果ててしまい、しまいにはボイコット(疲労で機能低下)してしまいます。

たんぱく質の摂り過ぎにより、悪玉菌が増えることも考えなければなりません。

悪玉菌が増えてしまうと、間に位置する日和見菌まで取られてしまい、いよいよ善玉菌は絶望的になります。

 

腸の働きが悪くなれば、もちろん便秘は避けられませんし、張り巡らされている自律神経も乱れてきてしまいます。

重たい便秘になってから食物繊維や乳酸菌を摂ってもあまり改善の意味がないと聞きます。

普段の良いときから腸内環境については意識していたいですね~

腸内細菌と乳酸期の記事はこちら腸内細菌×乳酸菌

 

 

――結局たんぱく質はどうなのか?

今まで話してきた過剰摂取のことも頭に入れながら、

それでもダイエットやボディメイクにはたんぱく質は必要だと思います。

 

ただ、たんぱく質摂れ!たんぱく質摂れ!はオススメしません。

たんぱく質を代謝に必要な、例えばビタミンB6の摂取もしなければなりません。

 

バランスはとても必須になると思うんです。

ここでもやはり食事は制限ではなく、選択が大事だなと改めて思います。

 

プロテインはやはり補助食品として、代わりではなく、今日摂取出来ていない分のたんぱく質を摂取する感じで摂るのが正しいと思います。

 

ダイエットやボディメイクをしているときに、糖質を抜いている分たんぱく質で補おうとする人が多いと思うのですが

それでは本末転倒、結局減らせた分のカロリーがプラマイ0になってしまいます。

 

糖質をもし抜くダイエットをするのであれば、たんぱく質の適度な摂取、そして糖質の例えば低GIの食品を少し入れてみたり、

野菜をいつもより多めに摂り入れてみたり、お肉に固執せずに大豆やお魚に変えてみたり。

 

 

 

ただいまモニターキャンペーンが、キャッシュバック中でございます!

最終測定日の結果で、体重1kg/¥5,000キャッシュバック!

 

ぜひふるってご応募ください!詳しくはこちら → せて!痩せて!痩せて!キャッシュバック!!!

 

公式インスタグラム!随時更新中右上矢印右上矢印右上矢印



公式instagram→王冠1公式ファーストボディ インスタグラム王冠1

 

公式Twitterも開設!随時更新してます右上矢印右上矢印右上矢印

公式Twitter→王冠1公式ファーストボディ ツイッター王冠1

 

おかげさまでFirst bodyも1周年。

2店舗目もオープンしましたラブキラキラ

公式HPはこちら王冠1ダイエット専門パーソナルトレーニングジム First body王冠1



ブログも様々なダイエット記事を公開中!ラブキラキラ

ブログも更新中爆  笑音譜音譜公式ブログ

面白いものから真面目なものまで載せてあります右上矢印右上矢印

→まずは無料カウンセリング爆  笑ビックリマーク

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗

モニター契約で

ただ今キャッシュバックキャンペーン中

→くわしくはこちら

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗

紹介特典もございます!

紹介した方→セッション1回分プレゼント+コース¥20,000OFF

紹介されて入会された方→1回分プレゼント+入会金半額!

旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗旗