こんにちはファーストボディのAmyです! 「筋肉も欲しいけど、脂肪も落としたい…」 こんな声をよく聞きます。 ダイエットとボディーメイキングは切っても切れない関係ですよね。 そんな時にオススメなのがHIITという運動方法です。 HIITとは、High Intensity Interval Trainingの略のことで、 日本語では高強度インターバルトレーニングといいます。 20秒から30秒ほどの短い時間で高強度の無酸素運動を繰り返し、それを20〜40分程度行うトレーニングです。 最近、パーソナルジムでも多く取り入られている方法です。

HIITトレーニングの魅力


1)筋肉に負荷をかけるトレーニングと、体脂肪燃焼トレーニングが両方一緒にできる!

負担の強度もメニューも自分次第なので、2、30秒する無酸素運動のセットを負荷をかければかけるほど 筋トレにもなります。そして、それが短い回数で数セット持続的にすることによって脂肪燃焼にも繋がります。 もちろん軽めのトレーニング内容でも、全力でやる事が出来ればオッケーなのです。

2)筋肉量を減らさないで脂肪燃焼ができる!

ボディーメイキングをしながら減量や脂肪だけ減らしたい人が葛藤する事は せっかく筋トレをして作った筋肉の量がダイエットや長時間の有酸素運動で失われてしまうことです。 せっかく頑張ったのにお尻の筋肉は落ちて欲しくない! ですが、長時間のの有酸素運動をするとエネルギーが枯渇し、筋肉を分解してエネルギーに変えようとしてしまいます。 すると基礎代謝も下がりますし、悪循環… ですが、HIITでは筋トレをして脂肪燃焼ができるのです。

3)自分の気になる部分に特化したトレーニングメニュー

最初にお伝えした通り、無酸素運動のトレーニングメニューは自分次第。 例えば腹筋やお尻に特化したければ、その部位に効果的な筋トレ内容を作れるのです。 反対に、つけたくない所の筋トレはしなくてよく、短期間で集中してボディーメイキングができます。

4)心肺機能の強化

マラソンをしたかのように沢山酸素を取り込みたくなるので、 長時間マラソンした時のように心肺機能が高まります。 これによって今までの筋トレや、長時間の有酸素運動が更に強化されます。

5)アフターバーン効果

そして、何より、HIITは短時間なのに体に負担がかかるので、疲労回復に時間がかかります。 この体の疲労修復をするため、行なっている最中から終わった数時間後もカロリー消費と脂肪燃焼が続くので、 短時間でトレーニングが終わったとしても長時間有酸素運動をするのと同じ効果が得られます。

例えば…

1. 全力で腹筋30 ー1分休憩 x 2セット 2. 全力で腿上げ30 1分休憩 x 2セット 3. 全力でマウンテンクライマー 30 1分休憩 x 2セット –3分休憩 4. 全力でバービージャンプ30 1分休憩 x 2セット 5. 全力でスクワット30 1分休憩 x 2セット 6. 全力で腕立て伏せ30 1分休憩 x 2セット このメニューで全体のトレーニングメニューはたったの21分! ただ30秒間は全力でで動きます。そして、全力で1分休みます。 簡単なようで、まるで走っった後かのようにとてもキツイんです!

最後に


カロリー消費を目的に長時間軽めに同じ動きをし、筋肉に負荷をかけないトレーニングに比べて、短時間でより効果的に、気になる箇所を集中して体を使え、更に脂肪燃焼が出来ます。 有酸素運動の時間があまり取れない方や、有酸素運動が苦手な方にもおススメなトレーニング法ですね! あくまでもトレーニング内容は自分次第なので個人差はあるとは思いますが、ボディーメイキングにはもってこいのトレーニング法ですね。 HAPPY AMY